寂しいGNO 終戦直前の過ごし方

終戦直前のトリントンサーバーに参戦したのですが、
いかんせんGNOははじめてプレイするので、勝手もよく分かりません。

その上、GNOオフィシャルページの操作方法の説明は不親切で不十分・・・orz

なので終戦までの数日間はGNOのシステムに慣れる事を主体に過ごしました。

編成やら、移動やら、任務やら・・・

FFXIとの一番の違いがチャットと戦場(GNOの場合は巣とよばれますね)

戦場は終戦直前だと「強い」相手では太刀打ちできるとも思えないし、前線にいくとボロ負け必死。

チャットの方は、最前線でもチームに参加していないとチャットはほぼナシ。
オンラインゲームなのに1人でやっているような孤独感が味わえます・・・(涙)

友人と一緒に参戦とか、友人に誘われてとかじゃない、単身での参戦の場合、GNOはちょっと敷居が高いというか、孤独感がとっても先行します。
なので最初の感想がイマイチ・・・ということでした。

それでも10日間は無料でプレイできるというお試し期間だったのでトリアーエズとりあえずやっていたというのが実情でした。

そんな状態だったので、

初めて任務で支援をしてもらった時は、

とってもうれしかったですよぉぉぉ



やっぱりオンラインゲームはチャットがなくっちゃね!!


この瞬間、「とにかく1クールは通してやってみよう」と決めました。

それ以降、終戦までパイロットの確保と、NT覚醒をさせるために、
ジオン特別工廠所PilotView参考に奔走しました

おかげで良いパイロットの確保ができ、NTに覚醒させることが出来、
次クールをむかえることができました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。