GNOのクライアントが無料だったので参戦

ガンダムネットワークオペレーション
通称GNOは現実の90日を1クールとして、その90日の間に連邦とジオンに分かれて1年戦争を体験する多人数参加型のオンラインゲーム。
ユーザーがネットワークに接続していないいわゆるオフライン状態でもゲームは進行し、プレイヤーキャラクターも作戦指示を出しておけば、戦闘に参加しているので、時間のないサラリーマンでも気軽にプレイできるのが最大の特徴。

2004年9月1日に後続のGNO2が発売されて、GNO2に移行している方も大勢いるとは思いますが、このページを見て下さい。

なんとGNOのクライアントが無料となっていて、
しかもGNOを10日間のお試しプレイが可能となっています。

去年までFFXIをプレイしていて、引退(つーか飽きた)していました。
GNOを1度やってみたいと思っていた私は、これ機会に早速GNOのクライアントをダウンロードし参戦したのが始まり。

とっつきの感想は・・・FFXIと比べてちょっとイマイチ(爆)でした。

しかし1月の年末年始休みの暇さもあり、今も継続中(だからこんなブログ書いてるっての・・・ww)現在はGNOの目標もあり、みっちりプレイ中でございます。

本格参戦の前に

GNOに本格参戦する前に、読んでいた(見ていた?)のが
こちらのページ
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
ジオン特別工廠所

このコンテンツの初心者コースを完全読破し、
本格参戦をする際に最も効率よいスタートを切るために研究した結果

終戦直前サーバーへ殴り込みをかける!!

となりました。



なぜ終戦直前のサーバーで参加した方がいいのか

寂しいGNO 終戦直前の過ごし方

終戦直前のトリントンサーバーに参戦したのですが、
いかんせんGNOははじめてプレイするので、勝手もよく分かりません。

その上、GNOオフィシャルページの操作方法の説明は不親切で不十分・・・orz

なので終戦までの数日間はGNOのシステムに慣れる事を主体に過ごしました。

編成やら、移動やら、任務やら・・・

FFXIとの一番の違いがチャットと戦場(GNOの場合は巣とよばれますね)

戦場は終戦直前だと「強い」相手では太刀打ちできるとも思えないし、前線にいくとボロ負け必死。

チャットの方は、最前線でもチームに参加していないとチャットはほぼナシ。
オンラインゲームなのに1人でやっているような孤独感が味わえます・・・(涙)

友人と一緒に参戦とか、友人に誘われてとかじゃない、単身での参戦の場合、GNOはちょっと敷居が高いというか、孤独感がとっても先行します。
なので最初の感想がイマイチ・・・ということでした。

それでも10日間は無料でプレイできるというお試し期間だったのでトリアーエズとりあえずやっていたというのが実情でした。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。